プロペシアを超える無敵の薄毛治療薬【デュタステリド】

デュタステリドとは?

フィナステリドを超える脱毛抑制効果のある成分

みなさんはデュタステリドををご存じだろうか?
デュタステリドとはフィナステリドを凌駕する脱毛抑制効果を持つ成分です。
なぜフィナステリドよりも脱毛抑制効果があるのでしょうか?

薄毛にもタイプが存在する

一概に薄毛といっても、前から来るのか、頭頂部がハゲるのかで違いがああります。
これには
・1型5αリダクターゼ
・2型5αリダクターゼ
この2種類の違いがあります。
自分の薄毛タイプによって有効な成分とそうでない成分があります。
自分の薄毛をチェックしてみましょう。

1型5αリダクターゼハゲ

1型5αリダクターゼは側頭部や後頭部に多く存在します。
皮脂の分泌が多く、脂性の人は1型5αリダクターゼの分泌が多いと思われます。

丸で囲った部分が薄毛になっていきます。
丸し忘れたんですが、側頭部も薄くなります。

2型5αリダクターゼ

2型5αリダクターゼは頭頂部や前頭部が剥げていきます。
このハゲ方は街でよく見かける薄毛ですね。

丸で囲った部分が薄くなっていきます。
このタイプにはフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果あります。

デュタステリドの効果【最強】

フィナステリドは1型5αリダクターゼにのみ作用しますが、デュタステリドは1型・2型共に作用します。
つまり、デュタステリドを摂取しておけばオールオッケーなんです。

デュタステリド含有薬の効果や値段【体験】

デュタステリドを含有する薬としてザガーロが挙げられます。
2015年8月に厚生労働省から製造販売承認を取得した、男性型脱毛症(AGA)治療の新薬です。製造元はグラクソ・スミスクライン(GSK)となります。


僕も現在はデュタステリドを毎日摂取していますが、ザガーロではありません。
ザガーロは現在特許が有効なため、ジェネリックはありません。
なので、同一成分を含むアボダート(Avodart)0.5mgという薬を飲んでいます。
アボダートはデュタステリド成分を含んでいますが、育毛剤として販売されているわけではありません。
しかし、効果はあります。

僕の場合ザガーロを地元の病院で購入しようとすると、30日分で12000円しました。
流石に10000円越えは厳しいので、オオサカ堂で同一成分のアボダートを個人輸入することにしました。

アボダートを選んだ理由として
・ザガーロよりも価格が安い
・サイト内評価が一番高い

この2点が理由です。
現在飲み始めて2か月程度が経ちますが、M字部分に若干の毛が生えたかな?という程度です。
赤丸の部分が発毛部分です。ほんの少しですが、生えてきました。
実際に薄毛改善の兆しが見えてきました。
大体飲み始めて2か月程度です。


この毛がこれからどうなっていくのか、薬を飲み続けて観察したいと思います。

まあ全体でみると下の写真なんですけどね。
少しづつ薄毛は改善しているようです。

デュタステリドの副作用

デュタステリドのデメリット【フィナステリドと比較】

デュタステリドはプロペシア同様副作用があることがあります。
例として
・性欲減退
・肝機能低下
・乳房の痛み
等です。
これらは発症確立としては低確率なので、無視できるリスクであると僕は考えます。(発症した場合は医師に相談してください。)

また、女性の方は絶対に触れないでください。

僕はどちらかというと、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいた時の方が副作用を感じました。
はっきりとわかるくらいに性欲が減退しました。

アボダートを服用している現在は毛が少し生えた以外に副作用はありません。
しかし、個人によって副作用の発生や効果は違うと思うので、自己責任でお願いします。(僕はなんの問題もありませんでした。)

結論【アボダート最強説】

僕は現在プロペシアを経てデュタステリド含有薬であるアボダートを毎日服用しています。

理由として
・価格が安い(続けやすい)
・サイト内評価が最高
・1型・2型どちらにも効果がある。

以上の理由からアボダートを服用しています。

効果として薄くなっていたM字部分に若干の産毛のようなものが生え始めました。
ただ、産毛にしては長いのでこれから毛が生える前兆のようなものだと思っています。

髪の毛のサイクルとして生えてから抜けるまでに大体6年程度かかります。
つまり、半年や1年程度では毛が生えるかどうかはわかりません。
これからも続けていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です